touch the sky ~ロードスターから眺める空~

マツダ・ロードスターと日常の些細なコトのブログ

合・間・時・間

2017年6月18日


みなさん、こんにちは。


先週の日曜日、 ロドスタで1日走り回った 翌日のコト。

前日のTRGで汚れたロドスタを朝から洗車。

で、長女は部活、奥さんとチビは買い物へ。

んじゃ、夕方までの合間時間を有効活用。

時刻は10時過ぎ。 

気が付いたら・・・、S4のステアリングを握ってた(笑)

薄曇り空、中央道を北進。

20170616001.jpg


中央高速・小淵沢ICをオフ、K11・八ヶ岳高原ラインをヒルクライム。

20170616002.jpg


イヤァオ!

20170616003.jpg

自宅を出る頃は曇り空だったけれど、八ヶ岳界隈は気持ち良い青空。


おっとっと(冷汗)

20170616004-1.jpg


まだ小っちゃい小鹿がママ鹿と一緒に横断中(笑)

20170616004.jpg


まきば牧場の駐車場で小休止。

20170616006.jpg

20170616007.jpg


横一列に並んだ行儀が良い羊 (^^)

20170616008.jpg


touch the sky !

20170616005.jpg

20170616009.jpg


R141、野辺山を過ぎ、脇道へ。

高原を吹き抜ける風が心地良い。

20170616013.jpg


八ヶ岳とレタス畑。

20170616014.jpg


あまりゆっくりも出来ないので、急いでお土産を購入。

20170616011.jpg

トウモロコシを狙って入ったけれど、まだ時期が少し早いみたい。

サクランボと白菜の漬物を購入 (^_^;)


R141を戻り帰路・・・、すぐに脇道へ(苦笑)

K605・619をダウンヒル。

20170616015.jpg

ノンストップで駆け下り、慌てて須玉ICより入線。


16時までに間に合うかなぁ(焦)

んだよ、なんで14時過ぎだっていうのに、早くも渋滞してるんだよ (*_*)

20170616017.jpg


16時ギリギリに帰宅。

走行距離は、322km。

20170616020.jpg
 

で、慌てていた理由とは・・・、国内最終戦の藍ちゃんをTV観戦(笑)

20170616019.jpg


オッサンの涙腺は緩みます(苦笑)

20170616018.jpg


以上、わざわざレポるほどのコトはない、日曜日の出来事、でした(苦笑)

さてと、明日は月曜日。 1週間を顔晴りまっしょい!!

ではでは (^.^)/~~~






スポンサーサイト
  1. 2017/06/18(日) 13:19:41|
  2. ツーリング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

天・候・左・右

2017年6月14日


みなさん、こんにちは。

先週末の土曜日、チョロっと行ってきました。

当初の予定としては、例年の北東北鉄砲玉TRG( コレ とか、 コレ)に行こうかと思ったけれど、予報では現地はイマイチな天気。

なので、比較的晴天が期待出来そうな中部地方へ。

去年走って気に入った岐阜を縦走するルートを選択。


出発はいつもの時間。

20170614001.jpg


新東名を西進、背中越しに夜が明ける。

20170614002.jpg


新城ICをオフし、R257を快調に北上。

20170614003.jpg


おっと、いきなりの通行止め Orz

20170614004.jpg


K32へ迂回、なかなかの快走路。

20170614005.jpg


R257に復帰し設楽(したら)を抜け、K507を左折。

20170614006.jpg


久しぶりの茶臼山高原へ。

イヤァオ!

20170614007.jpg

20170614008.jpg


静かな早朝の高原。

20170614009.jpg

20170614010.jpg

20170614011.jpg


来た道を戻る。

ワインディング的には、R257の分岐からK80の交差するまでの区間が楽しいかな。

20170614013.jpg

地元のライダー達が往復しながら楽しんでいた。


引き続き、R257を北上、

20170614016.jpg


途中で寄り道、田んぼの畦道。

20170614014.jpg


イイね、こういう風景。

20170614015.jpg


中央高速・恵那ICを脇を抜け、K68へ。

20170614019.jpg


坂折棚田へ。

20170614020.jpg


以前訪れた時は、田んぼに水が入っておらずイマイチな景観だったけど、今回はどうかな?

お、イイ感じ!

20170614021.jpg

20170614022.jpg

20170614023.jpg


展望台でロドスタと棚田を一緒に写そう・・・

スロープが急こう配過ぎてロドスタの車高じゃムリだった(涙)

20170614024.jpg


雰囲気の良さそうなカフェ(←自分みたいなオッサンには似合わないけど)を発見。

20170614025.jpg

まだ営業時間前、今度は時間内に来てみたい。


K68に戻る。 相変わらず楽しいなぁ、この道。

20170614026.jpg

20170614027.jpg


R41を左折。 飛騨川沿いに走る。

途中で橋を渡り、対岸へ。

20170614028.jpg


橋の下は飛水峡の眺望。

20170614029.jpg

20170614031.jpg


橋を渡り右折。

なんだか険道っぽいけど、前進。

高山本線のスノーシェッドかな。

20170614032.jpg


それにしても、線路との距離が近い(怖)

20170614033.jpg


運良く、列車が近づいてきた。

20170614034.jpg

なかなかこの距離で電車のすれ違いは体験できない(苦笑)


先を進もうとしたけれど、踏切の段差が大きく断念。

来た道を戻る(トホホ)

20170614035.jpg


K64、中高速のコーナーを気持ち良くクリア。

20170614037.jpg


R256からK86へ。 馬瀬第二ダムの堤体を渡る。

20170614038.jpg


渡りきるとこれまた険道っぽいので、ムリせず撤収。

20170614039.jpg

少しは学習能力ある?!


ダム湖畔沿いはツイスティなワインディング。

20170614040.jpg

気持ち良いエクゾーストを奏でながら駆け抜ける。


いつもの休憩場所、馬瀬大橋。

touch the sky !

20170614041.jpg

20170614042.jpg


ダム湖なのに、この透明度。

20170614043.jpg

20170614044.jpg


K431からR257。

20170614045.jpg


途中、本線の立派な橋を横に見ながら旧道へ。

20170614046.jpg

学習能力、あるの?


旧道はこんな橋(苦笑)

20170614047.jpg


そして、看板に脅される (゜o゜)

20170614048.jpg


確かに狭隘な道だけど、路面の荒れは少なくそんなに難儀するコトもない。

それよりも、眼下を流れる清流の美しさに感動。

20170614049.jpg

20170614050.jpg

せせらぎの音と心地良い風に誘われて、しばし微睡む。


本線に復帰し、清見で右折。

20170614052.jpg


K73・飛騨せせらぎ街道。

20170614054.jpg


緑のトンネル。

20170614055.jpg

20170614056.jpg


西ウレ峠を過ぎると、雲の面積が増えてきた。

20170614058.jpg


ありゃま、とうとう落ちてきた。

20170614059.jpg


R158、道の駅・ななもり清見にてりルート検索。

20170614060.jpg

天候はイマイチだし、時間的にもなんだかなぁ~な状態なので、結局はいつものルートを選択。


中部縦貫道にて高山市内をワープ。

R158から飛騨農園街道を経由し、R361の定番ルート。

20170614061.jpg

20170614062.jpg


2週間前も走ったルートなので、コメントは割愛 (~_~;)

20170614063.jpg


長野との県境まで来たら、またしても雨粒が落ちてきた。

20170614064.jpg

それなりの雨粒なので、しかたなく幌を閉じる。


途中で木曽馬の里へ寄り道。

20170614065.jpg

20170614066.jpg


晴天の下もイイケド、こういうしっとりと濡れた感じもなかなかイイ感じ。

20170614067.jpg


草をはむ木曽馬。

20170614068.jpg

20170614069.jpg


いつもより緑が濃く薫る。

20170614070.jpg


中央道・伊那ICから入線し帰路。

甲府付近まで戻ってきたら青空。

20170614071.jpg


中央道の悪しき渋滞を避け、大月JCTから都留ICをオフ。

最後の悪あがきで、日没前のワインディングへ(笑)

20170614072.jpg


イヤァオ!

20170614073.jpg


19時半に無事キーを抜く。

走行距離は、879km。

20170614074.jpg

気持ちが天候に左右された感があった1日だったけれど、まぁまぁの日だったかな。


夜はゆっくりと・・・・

2か月後に迫った楽園への旅立ちに早くも妄想(笑)

20170614075.jpg


ゆったり時間をほろ酔い気分で過ごし、1日を〆ました。

20170614076.jpg


ってなコトで、ではでは (^.^)/~~~





  1. 2017/06/14(水) 20:33:10|
  2. ツーリング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:10

新・緑・深・緑

2017年6月1日


みなさん、こんにちは。


先週末、土曜日のコト。 この日はチビの運動会。

明け方まで降っていた雨は止み、開始時間には見事な晴天。

20170530001.jpg


相変わらず徒競走はビッケ(ビリ)だったけれど、団体演舞は張り切って楽しんでいた様子。

20170530002-1.jpg


福島から義父母も応援に駆け付け、賑やかな1日。

20170530003.jpg

来年の徒競走はビッケじゃないとイイね(苦笑)


で、翌日の日曜日。

前日はしっかりと家庭内マイルを獲得したハズなので、堂々と出発?!

20170530004.jpg

っと思いきや、高速道に入線直前、スマホを忘れた事に気付く。

まぁスマホが無くても困らないけれど、緊急連絡が取れないと心配されるので、慌ててUターン(アホ!)

40分ほどのタイムロス。

行きたいトコあったけど、なんか ミソが付いた気分 なので予定変更。

走り慣れた場所へ。 中央高速・伊那ICをオフ。

快走国道・R361を北上。

20170530006.jpg


開田高原入口。

20170530007.jpg


新緑と朝日が眩しい。

20170530009.jpg


いつもの御嶽山ビューポイント。

20170530010.jpg

20170530011.jpg


ちょっと場所を替えて・・・

touch the sky !

20170530012.jpg

20170530013.jpg


高根第1ダム~K39の入り口までの狭隘だった部分。

トンネルでバイパス化され、より一層快適な国道に。

20170530014.jpg


イヤァオ!

20170530015.jpg


途中気になる看板を見つけ、右折。

7kmほどのワインディングを駆け抜ける。

20170530016.jpg


見事な山だけど、何だろ?

20170530017.jpg


着いたトコは「カクレハ高原」。

20170530018.jpg

まぁビックリ、見事なほど、誰もいない(苦笑)


林道表示も古めかしい。

20170530019.jpg


この先を行けばショートカットして県道に出れるようだけど、酷道必至?!

20170530020.jpg

きっと後悔しそうなのでここは冒険せず。


木陰にロドスタ停めて・・・zzz  はっ!、寝てた(爆)

気が付いたら、小一時間も寝てた(驚)

ま、こういうのも贅沢な時間、といえるかも?!


R361に復帰し、定番ワインディング・奥飛騨農園街道へ。

20170530021.jpg


朝の忘れ物と先ほどの寝落ちで予定がグズグズ。

とはいえ、一人だしノンビリ&テキトーにブラブラ。


混雑覚悟でR158に入ったけれど、交通量が少なく快走。

20170530022.jpg


旧道の安房峠。

20170530023.jpg

年々、旧道は酷道化しているような。


便利なトンネルが出来たけれど、ココからの景色も悪くない。

20170530024.jpg


見事な穂高連峰の稜線。

20170530025.jpg


道端ではノンビリとサルが毛づくろいしているし(苦笑)

20170530026.jpg
フロントガラス越しなので、画像がボケボケ。


松本方面に下り、K26へ。

20170530027.jpg


先行車なし、サイコーの気持ち良さ。

20170530028.jpg


K39。野麦峠を越え、早朝に走ったR361へ合流するルートをチョイス。

20170530033.jpg


1.5~2車線のワインディングを快走。

20170530034.jpg


touch the sky !

20170530035.jpg

20170530036.jpg


っと快調に峠の頂上まで来たら・・・

落石防止ネットの設置工事で通行止め (゜o゜)

あまりにもハイテンションでヒルクライムを楽しみ、途中の案内板を見落としたらしい(汗)


峠を越えられずガッカリだったけれど、ダウンヒルの楽しさを十分に堪能。

20170530037.jpg


K26に復帰。

初夏の陽気の中、深緑に色付いた木々の中を快走。

20170530038.jpg

タイヤ換装効果もあって、とにかくワインディングが楽しい。


木々の間を貫くワインディングと青い空。

20170530039.jpg


遠くに駒ヶ岳。

20170530040.jpg

うん、贅沢な時間。


中央道・伊那ICから入線し、帰路。

20170530041.jpg


15時過ぎには帰宅。

走行距離は、672km。

20170530042.jpg


今日から6月、梅雨入り前に青空を楽しんだ1日でした。

ではでは (^.^)/~~~






  1. 2017/06/01(木) 20:11:30|
  2. ツーリング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

柔・軟・対・応 (その3)

2017年5月22日


みなさん、こんにちは。

前回からの続き。


5月14日(日)


前夜からの宿酔もなく、快適な目覚め。

部屋のカーテンを開けると、なんと西の方が明るい!、お天気サイトを確認すると、前日の予報よりも好転。

日本海側では青空が期待出来そう。慌てて地図を引っ張り出し、ルートの再検討。


定刻よりも早めにロビーへ降りると、既に数名のメンバーは集合済み。

天気の好転で興奮したのか、早めに集合したらしい?!

逸る気持ちを落ち着かせ、しっかりと暖気を済ませスタート。


R7・日本海東北道を南進。

K58、目の前には神々しくそびえ立つ鳥海山、そして待望の青空。

20170522001.jpg


心浮き立つ瞬間。

20170522002.jpg

ホントはね、仁賀保高原の風車群の脇を駆け抜けたかったけれど、今回は時間の都合上パス(涙)


鳥海山ブルーラインをヒルクライム。

展望台からは晴れ渡る真っ青な空と、日本海。

20170522003.jpg

20170522004.jpg


それぞれが、それぞれの touch the sky ! を楽しむ。

20170522005.jpg

20170522006.jpg

20170522007.jpg

20170522008.jpg


touch the sky !

20170522009.jpg


ふり返ると残雪が滝口となり見事な瀑布。

20170522010.jpg

20170522011.jpg


眼下には雪解け水が急峻な谷あいを流れいく。

20170522012.jpg

20170522013.jpg


贅沢な景色。

20170522014.jpg

20170522015.jpg


ブルーラインの折り返し地点からは、山形県側へのダウンヒル。

20170522016.jpg

20170522017.jpg


キュンキュンと気持ち良くワインディングを駆け抜ける。

20170522018.jpg


R345を南下、遠くに見える残雪を被った山は、月山かな?

20170522021.jpg

右手に最上川を眺めながら、優しい光と心地良い風を受けながら快適クルーズ。


イヤァオ!

20170522022.jpg


touch the sky ! !

20170522020.jpg


最上川を渡り、R47へ。

20170522023.jpg

さすがに二桁国道ともなると、交通量も増える。

淡々と移動するリエゾン区間。


「道の駅・とざわ」にてランチ休憩。

20170522024.jpg

全てが韓国一色な、不思議な施設(謎)


最上川を眺めながら、メンバー諸氏の胸中に去来するものは何だったんだろう。

20170522026.jpg

ま、あまり深く考えてはいないだろうな(笑)


長閑な景色、だけど走りは気持ち良く、K30を快走。

20170522027.jpg


R347から東北中央道・東根ICを入線、帰路へ。

20170522028.jpg


山形蔵王から宮城県内は、濃い霧雨。

摩耗したタイヤに気を使いながら、東北道を南下。


前半は青空に恵まれなかったけれど、最終的には見事な晴天の下を走れた今回のTRG。

今回も素敵な青空に出会えた、大満足な2日と半日。

20170522029.jpg


それにしても、行き当たりバッタリでよく走ったなぁ(苦笑)

20時前には無事に帰着。

走行距離は、1843キロ。

20170522030.jpg


「洗車が終わるまでがTRG」とは言ったものの、さすがに当日洗車する体力無し(疲)

翌日、仕事から帰宅後にもう一仕事(洗車)

20170522031.jpg


以上、春のTRG部活動レポ。

長々とした駄文及び劣悪な画像、失礼いたしました(汗)


ではでは (^.^)/~~~





  1. 2017/05/22(月) 20:30:25|
  2. ツーリング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

柔・軟・対・応 (その2)

2017年5月18日


みなさん、こんにちは。

前回からの続きです。


5月13日(土)


早朝に目が覚め、部屋のカーテンを開けると、無情にも土砂降り。

予報よりも早い降り出し。


シャワーとストレッチで身体を目覚めさせ、ロビーにてメンバーと合流。

地下駐車場で十分に暖気を行い出発。


雨の定禅寺通り。

20170517011.jpg

20歳代前半から5年、仙台で楽しく過ごした時を思い出す。


東北道・仙台宮城ICを入線し、鶴巣Pにて後発組と合流。

1名がドタキャンしたので、結局はムッタだけで夜間走行しての合流。

20170517012.jpg

4台5名にてTRG(ツーリング)がスタート。

・・・この天候、どーしたものか(考)

予定では栗駒山から北上し、八幡平→男鹿半島ってなルート。

雨雲レーダーを確認するも、宮城・山形・盛岡は既に雨雲の下。

青森だけは辛うじて午前中は持ちこたえそう。

ん~、行っちゃう?、青森の八甲田へ??(←マジか?!)

ツーリングの基本、行先は天候に応じて柔軟に対応(苦笑)


決断したら即行動。

一気に東北道を北上。

盛岡付近を過ぎても雨雲の下。

20170517013.jpg

なかなか雨雲から逃げられない。


安代JCTを過ぎると路面はドライ。

小坂ICをオフし幌を開け放つ。

K2・十和田湖大館樹海ライン。

20170517014.jpg


待望のドライ路面、そして幌を開け放ってのワインディング走行。

20170517015.jpg

エンジンを回し、心地良いエクゾーストノートを楽しむ。


R104。発荷峠の展望台で小休止。

曇天下の十和田湖。

20170517016.jpg

毎年訪れているけれど、天気が悪いのは初めてかも。


R103・湖畔道路を快走。

20170517017.jpg

週末にもかかわらず交通量皆無。旧道へ進むも路面に樹木の落下物が多く難儀する。


子の口から奥入瀬渓流へ。

20170517018.jpg


マイナスイオンたっぷり、新緑のトンネル。

20170517019.jpg


木漏れ日はないけれど、コレはコレで趣がある風景。

20170517020.jpg

20170517021.jpg


十和田ゴールドラインをヒルクライム。標高が上がるにつれ霧が濃くなり幻想的な景色。

20170517022.jpg

20170517023.jpg


R394・K40を快走。

20170517025.jpg


イヤァオ!

20170517024.jpg


萱野高原。

20170517026.jpg


Fさん。

20170517027.jpg

20170517028.jpg


Rさん。

20170517029.jpg

20170517030.jpg


ムッタ。

20170517031.jpg

20170517032.jpg


で、ムッタにボロスタを運転してもらってセルフ撮影(苦笑)

20170517033.jpg

20170517034.jpg


なるほど、長生きの・・・

20170517036.jpg


って、当たり前じゃん(笑)

20170517037.jpg


時間の頃合いも良いので、ココでランチ。

温かい蕎麦とおでん、冷えた身体に染み渡る。

20170517035.jpg


ランチを済ませ、ルートを再考。

え、今から?、竜飛岬!?

悩むら行っちゃうか!

楽しむのなら、臨機応変、柔軟に対応すべし!!、だよね?!


R103を下り青森市内。

20170517038.jpg


フェリーターミナル、ココから函館に行けるけれど、さすがにそれは無理がある。

20170517039.jpg


R280を北上。K12・14を快走。

三厩(みんまや)の駅舎を左に見ながら、K281・あじさいロード。

ロードスターには丁度良いR率のワインディング。2・3・4速をフルに使い交通量皆無のワインディングを駆け抜ける。

走りに没頭し過ぎ、画像なし。



ホントに来ちゃった(来れちゃった)よ、竜飛岬(笑)

20170517042.jpg

20170517040.jpg


いかにも北の最果てという趣の竜飛岬。冷たい北風が絶え間なく吹き付ける。

20170517044.jpg


快晴しか経験のない自分には、コレはコレで竜飛岬らしく感じられる。

20170517047.jpg


北海道、今日は見えないなぁ。

20170517043.jpg


このシチュエーション、やっぱり演歌でしょう?!

20170517045.jpg


誰もいない竜飛岬に、石川さゆりの歌声が響く(苦笑)

20170517046.jpg


R339・竜泊ラインをダウンヒル。

20170517048.jpg

20170517049.jpg


定番の撮影スポットにて。

Fさん。

20170517051.jpg


Rさん。

20170517052.jpg


ムッタ。

20170517053.jpg


頑張れ、ボロスタ!(笑)

20170517054.jpg

20170517055.jpg


曇天だけど、走りが楽しい!

20170517057.jpg


イヤァオ!

20170517056.jpg


汽水湖の十三湖を過ぎると、とうとう我慢出来ずに雨粒が落ちてきた。

陽光降り注げば快走路のメロンロード、今日は淋しげな風景。

20170517059.jpg


荒れる日本海を右手に見ながらR101を南下。投宿地の秋田へ淡々と進む。

20170517060.jpg


能代の手前からK64、予想以上の快走路。

20170517061.jpg

今度は晴天時に走りたい。


秋田道・能代ICから入線しワープ移動。秋田市内のホテルへ無事に到着。

20170517062.jpg

皆さん、頑張って走りました (^^)


で、早速宴会に突入。

20170517063.jpg


翌日、予報に雨マークしか無いコトが分かった時点で、 何かが吹っ切れ 杯が進む面々(苦笑)

20170517064.jpg


結局、何合呑んだの?!

20170517065.jpg


青空の下を走るコトは叶わなかったけれど、幌を畳んでドライ路面を快走出来ただけでも満足した1日。

っというコトで、最終日に続きます。


ではでは (^.^)/~~~





  1. 2017/05/18(木) 20:42:39|
  2. ツーリング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

| ホーム | 次のページ