みなさん、こんにちは。

GWをいかがお過ごしでしょうか?

自分は暦通りの出社なので、今年はあまりGWって気がしません。

せめて4連休あれば、色々と行きたいトコあったけど(涙)


昨日は午前中しっかりと家族とのお付き合いさせて頂きました(笑)

でも子供の日が近いというコトで、トイザラスでしっかりと長女と次女に出費させられましたが(泣)


午後、チビのお昼寝時間を狙って、短い時間でしたがバイパスと首都高使って横浜までエアクリボックスの効能?確認してきました。


まずは、ノーマルのエンジンルーム

ノーマルエアクリ

これはこれで、機能的にまとまっていてなかなか美しいエンジンルームです。

でも、よく見て頂けると分かるのですが、空気取り入れ口がかなり後方にあります。

これでは、フレッシュエアを吸いこんでいるとは言えませんよね。


でもって、コチラが先日載せた画像と一緒ですが、変更後のエンジンルームです。

装着後

エアの取り入れ口がバンパーの後方まで伸びて、ラジエーターの前にきておりまね。

効率は良さそうです。


ディテールもご紹介^^;

ディテール①

カーボンの仕上げもキレイです。

気になる方は表面をコーティングされるようですが、自分は普通にワックス掛け(苦笑)

ディテール②

フィッティングもバッチリですね。

でも、せっかくココまで伸ばしたのなら、もっと空気が当たるようにしたいっていう願望が…

う~ん、バンパーに孔を空けたくなってきた(汗)

ダクト付けるパーツあるのかな?

いかん、早くも物欲が…(゜.゜)


あと、意外とこのパーツの取付で躊躇される方がおられます。

それは、ボンネットの加工が必要だというコト。

そう、切るんですよ、ボンネットを(滝汗)

もちろん、裏面ですが。

あと、慣れていないトコでお願いすると切り口の仕上げがイマイチなトコもあるそうです。


ちなみに自分がお願いしたディーラーは、本品の取付は初めて(爆)

慣れていないどころか、初体験ですよ!

でも、事前にこんな風にしてねって説明していたので、仕上がりは満足いくものでした。

これがボンネット加工です。

ボンネット裏加工

切り口にもちゃんとゴムで保護してあってキレイに仕上げて頂きました。

時間は掛かったけど、こういう仕事をして頂けると非常に嬉しいですね。



さて、肝心の走行フィールです。

街中を通常のシフトアップタイミングで運転する分にはまったく体感できません。

うん、なにも知らずに運転したら絶対に分からないと思います。

でもって、料金所ダッシュでギアを引っ張って加速してみたら…


ノーマルよりも若干トルクアップしたかな程度の体感は出来ました。

高価なパーツなのにそんなもん?って思うかもしれませんが、ターボじゃなくNAエンジンならこの程度じゃないでしょうかね。

確かに昔乗っていたMR2にインダクションBOX付けた時には劇的にトルクアップを果たしましたが、そもそもNAでそんなにトルクアップする訳ないしね。

印象的なのはVTECまでキッチリ回してシフトアップした時よりも、VTEC以下のたとえば4,000回転くらいからの加速でトルクが厚く感じられました。

ま、あくまでも素人の感想です。

詳しい方に言わせれば「そうじゃない」って言われるかも知れませんので、参考程度にお読みくださいね(汗)


吸気音に関しても…

OPEN走行じゃ風切り音やマフラーの音で聞こえません(爆)

ほんのちょっと「あれ?」って程度に聴こえたような(笑)

ま、そんな感じです。


もうしばらく走り込んでみれば違いが分かるかも知れませんが、今の時点の感想としてはこんな感じです。


ただ、確実にクルマにとっては吸気温度も下がってエアを取り入れているので、悪いコトはないと思います。

自分のモディファイは、

「ノーマルの10%アップ」

っていうのが一つの目安です。

そう考えれば納得できるパーツだと思います。


ではまた。



スポンサーサイト
2011.04.30 Sat l クルマ l コメント (2) トラックバック (0) l top