touch the sky ~ロードスターから眺める空~

マツダ・ロードスターと日常の些細なコトのブログ

早・秋・楽・園 (その4)

2017年8月31日


みなさん、こんにちは。


前回、余計な?ブログネタが入り込みましたが、ツーリング・レポの続き。



8月16日(水)


楽園上陸3日目。 早朝の旭川は、やっぱりなぁっという感じの曇天。

20170901001.jpg


お天気サイトを確認。 う~ん、降水確率が低いのはオホーツク海側と釧路方面。

20170901002.jpg

でも、この時期、太平洋側は雨が降らなくても海霧等で曇りも多いし、無難なのはオホーツク海側かな。


そうと決まれば、即行動。 連泊なので、大きな荷物は部屋に置き、身軽に出発。

道央自動車道に入るも、相変わらず厚い雲の下。

20170901003.jpg


旭川紋別道にスイッチ、東進。 すると、真っ青な空が登場!

20170901004.jpg

自分のヤマ勘って凄い?!


丸瀬布ICをオフし、R333・D103。 この青空、続いてくれ!って空に向かって念力を送る(苦笑)

20170901005.jpg


念力が届いたのか?、サロマ湖は青空の下。 さすが、自称晴れ男!(自画自賛)

20170901006.jpg

20170901007.jpg


R238、コロン積載車に先導してもらう。

20170901008.jpg


昨年に引き続き、能取湖近くの丘の上。

20170901009.jpg

20170901011.jpg


大好きな場所。

20170901012.jpg


奥に広がるオホーツク海。

20170901014.jpg

20170901013.jpg


遠くに見える、能取岬。 後から行ってみよう。

20170901015.jpg

20170901016.jpg


K76から能取岬へ向かう。

20170901017.jpg


灯台を望む坂。 ここに差し掛かると、毎回気持ちが高揚する。

20170901018.jpg


残念、灯台は補修中で工事用の足場が設置されている。

20170901019.jpg


今年も来れたね、能取岬。

20170901020.jpg

20170901021.jpg


touch the sky !

20170901022.jpg

20170901023.jpg


岬の先端。 

20170901027.jpg


奥は先ほどまでいた大好きな丘。

20170901024.jpg

20170901025.jpg


なぜ海外の人は、こんなオンボロに興味があるんだろう?

20170901026.jpg

撮り終わるとコチラを振り向き、サムアップ。  「beautiful!」 っと言われ照れる。

ってか、自分のコトじゃないから、ボロスタのコトだから!(苦笑)


放牧された馬や牛達を見ていると、 「そんな欲張るな、ノンビリ行こうぜ!」 って言われてるような気がする。

20170901028.jpg

20170901029.jpg


ココを訪れるのも、今年で3年連続かぁ。

20170901031.jpg

20170901032.jpg


また来よう。

20170901034.jpg

20170901035.jpg


網走市内でコンビニ休憩。 日照レーダーを確認。

20170901030.jpg

読み通り?、太平洋側よりもオホーツク海側の方が晴れている。 

それならばっと、網走近辺でまだ行ったコトの無いトコを散策してみるか。


最近のメジャー観光地らしい、メルヘンの丘へ。

20170901036.jpg


しっかし、R39のような二桁国道から、こういう景色を眺められるなんて、ホント北海道って素敵。

20170901037.jpg


では、恒例の脇道散策!(笑)

女満別の丘巡りへ。

20170901038.jpg

20170901039.jpg

20170901040.jpg


丘に吹く風が心地良い

20170901047.jpg

20170901048.jpg

20170901049.jpg


コロンと touch the sky!

20170901043.jpg

20170901044.jpg


緩やかに流れる贅沢な一人時間

20170901045.jpg

20170901046.jpg


丘の上に浮かぶ、秋の気配を感じる空。

20170901041.jpg

20170901042.jpg

素晴らしい眺望に、時が経つのも忘れていた。


夢中になり過ぎ、気が付いたらちょっとビックリな時間を滞在。

そろそろ移動・・・、たぶん青空は望めないけれど、この時期しか見るコトが出来ない、一度はこの目で見てみたい光景。

「あの場所」へ向かってみよう。


D246、白樺並木。

20170901050.jpg

だから、時間が無いっていってるのに、いちいち停まるし(苦笑)


快走感あるね、この道。

20170901051.jpg

20170901052.jpg


D944から、D250・D1115へ。 いかにも熊が出てきそうな脇道へ。

20170901053.jpg


鬱蒼とした森を抜けた先に目的地。

20170901055.jpg


6月から8月にかけて、サクラマスの遡上を見るコトが出来るという落差3.7mの滝。

20170901054.jpg


しばらすると・・・、 ジャンプ!

20170901056.jpg


次々と滝登りを繰り返すサクラマス。

20170901058.jpg


成功するのは数%の確率?

20170901057.jpg


それでも懸命に滝の上を目指すサクラマス。

20170901059.jpg


なんでこんなにも心を揺さぶられるんだろう。

20170901060.jpg

そろそろ行こうっと離れようとするんだけど、何故か足が進まず。 もう1回、見てから行こう・・・、の繰り返し。

名残惜しくも何とかこの場を離れ、しばし車内でクールダウン。


感動でボーっとした頭を冷やしつつ、これからのルートを考える。

宿泊地の旭川へ戻りつつっていうルートなら、今来た道を一旦戻ってっというのが一般的。

でも、まだ未走の裏摩周からD150っていうルートもイイかも。 でも、それってかなり遠回りだし、青空も期待できない?!

一人だし、ま、いっか。道は楽しそうだし?!っというノリで裏摩周へのルートをチョイス。

途中にある 「神の子池」 に寄ろうとするも、ダート道に前進を阻まれる(残念)

20170901061.jpg

もう少し段差が緩いダートだったら、車高短なボロスタでも行けたのに。


一見不便そうなボロスタだけど、ワインディングではご機嫌!

20170901062.jpg

心地良いエクゾーストノートを奏でながらコーナーをクリア。


裏摩周展望台。

20170901063.jpg


天気がイマイチだけど、湖面に写り込む空や山々が美しい。

20170901065.jpg

20170901066.jpg

今度は晴れている時を狙って来よう。


D150のダウンヒルを終えると、モアン山の 「牛」 の文字。

20170901068.jpg


中標津町に入ると、メジャーな景勝地「開陽台」の表記。

ま、人気スポットで人も多いだろうし、天気もイマイチだし・・・ うん、パスだな。

20170901070.jpg

天邪鬼に反対方向へ右折し、D885の直線道路を経由しR243摩周の市街地。

K52のワインディング・ヘブンを駆け抜ける。 無我夢中で走り切り、気が付いたら画像が無かった。


網走まで59km。 朝から近場しかウロウロしていないコトを再認識(苦笑)

20170901072.jpg


D102、屈斜路湖。

20170901075.jpg

20170901074.jpg


ヒルクライムのワインディングを楽しみ、D995。 

先行車なし! アクセルとブレーキ、そしてギアの選択に集中。 リズム良くコーナーをクリア。

20170901076.jpg


こういう時、ロドスタのバランスの良さを再認識。

20170901077.jpg


手に余らない程度の手頃なエンジンパワーと、適度に引き締められ余裕があるサスペンション。

そして耳触りの心地良いエンジンサウンドとエクゾースノート。

この絶妙なバランスが、ワインディングでの 「ドライビング・ハイな時間」 をもたらせてくれる。

20170901078.jpg


さてと、いい加減旭川に戻らないとならない時間。 

美幌からなぜかいつも交通量が多いD122を走り、無料の十勝オホーツク道で北見市街をパス。

20170901079.jpg


D143からR39。 さすがに二桁国道。 それなりの交通量。

石北峠手前の直線区間、道路脇の茂みで覆面パトカーが待機中。 いやらしい取締りだなぁ。

峠の頂上は寒いくらい。 ヒーターをオン。

20170901080.jpg


大雪湖を過ぎるとダウンヒル。 層雲峡。

20170901081.jpg

20170901082.jpg


旭川紋別道・愛山上川ICをオン。 

どことなく哀しい気分にさせる夕焼け。

20170901083.jpg


偶然にも車内で流れていた、「スガ シカオ」の『夏影』が心に沁みる。

20170901084.jpg


旭川市街地まで戻り、GSにて給油と洗車を済ませ、ホテルへ。

部屋から見える景色はとっぷりと夜の帳が降りている。

20170901085.jpg


う~ん、よく走り回った1日だったな。 珍しく疲労感を覚えたので、ムリはせず。

ホテル下層階にあるSC内のテナントへ。 スープカレーに舌鼓を打つ。

20170901086.jpg


食後はアルコールを買い込み、ホテルの部屋で今日の1日を振り返りながらゆっくり過ごす。

うん、今日も目一杯青空の下、楽園を楽しんだな!


さてと、明日は楽園最終日。 明日も楽しもう!!


ではでは (^.^)/~~~





スポンサーサイト
  1. 2017/08/31(木) 19:53:33|
  2. ツーリング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:12

| ホーム | 次のページ