touch the sky ~ロードスターから眺める空~

マツダ・ロードスターと日常の些細なコトのブログ

早・秋・楽・園 (その5)

2017年9月6日


みなさん、こんにちは。

ダラダラと書き散らかした、楽園(北海道)ツーリング・レポも今回で最終回。



8月17日(木)


前夜(16日)のNHKの天気予報では、こんな感じ。

20170905001.jpg


旭川の素晴らしい朝焼け。

20170905002.jpg


当日の朝、再度お天気サイトを確認するも、ほぼ同じ。 ようは、帰路の苫小牧へ向かうルート上で、晴れているのは旭川近郊だけ、らしい。

それならば、楽園道最終日、美瑛の丘から青空を楽しむコトにするか。


シャワーで気持ちと身体を 「シュ!」 っとさせ、5時過ぎにホテルを出立。

20170905003.jpg

あまり部屋でゆっくりする時間は無かったけれど、居心地の良いホテルだった。


逸る気持ちを押えながら、R237・R452・D580と繋ぎ、美瑛の丘を目指す。

20170905004.jpg


早朝の静寂に包まれた美瑛の丘

20170905007.jpg

20170905008.jpg

20170905009.jpg


メジャーなスポットもまだ喧騒前。

ケンとメリーの木

20170905005.jpg


マイルドセブンの丘

20170905006.jpg


気持ちの赴くまま、いくつもの丘を走り繋いていく。

もう少しこの空と風に包まれていたいと願う

20170905010.jpg

20170905011.jpg


丘を登った先に広がる大きな空

20170905012.jpg

20170905013.jpg



風景画のような丘

20170905024.jpg

20170905025.jpg


鼻先をくすぐる風は、秋の気配を含んでいた

20170905026.jpg

20170905027.jpg

20170905028.jpg


丘と丘とを紡ぐ道

20170905016.jpg


好奇心のアクセルを踏み続けていれば、いつかまたこの風景と出会えるはず

20170905017.jpg


この風景の中に一人旅を続ける理由がある

20170905018.jpg

20170905019.jpg

20170905020.jpg


丘の上を流れる、せっかちに訪れた秋の雲

20170905014.jpg

20170905015.jpg


丘の上から、touch the sky !

20170905031.jpg

20170905033.jpg

20170905032.jpg


なにをバカみたいに一人で気分に酔ってるんだ?! 似合わないっつーの!(苦笑)

もうさ、なんなら買っちゃう?!(笑)

20170905022-1.jpg


名残惜しいけれど、そろそろ帰路につかないと。 ちょっと、美瑛で遊び過ぎた。

予定では、美瑛の後、富良野へ向かって去年と同じように・・・

今回は時間的に  『北の国からツアー』 は断念(涙)

あれ?、迎えに来てくれたの?! 『ル~ルルルルゥ、ル~ルルルルゥ・・・』

20170905022.jpg

コレ分かる人は、きっと over 40 ですね(笑)


さ、移動!

D70・581・759、美瑛を離れるとすぐに雲の下。

20170905035.jpg

あれ、富良野は晴れの予報だったのに。


途中にあった蕎麦畑。

20170905036.jpg


相変わらずD135は交通量が多く、ペースダウン。 R452、夕張方向へノーズを向ける。

D116との分岐、桂沢湖では幌を閉める程ではないけれど、小さな雨粒が落ちてきた。

20170905038.jpg


桂沢湖を過ぎると交通量が減り、快走区間。 

20170905039.jpg


シューパロ湖、いつもの橋。

20170905040.jpg

20170905041.jpg

20170905042.jpg


夕張に入ると、とうとう本降りに。

20170905043.jpg


道東道・夕張ICを入線。 フェリー埠頭のある苫小牧へ。

いつもの温泉ランドで入浴と休憩。 足裏マッサージが痛気持ちよかった(笑)

20170905044.jpg


帰りのフェリー、個室が取れていなかったので、早めにターミナルへ移動し受付でキャンセル待ち。

良かった、無事に個室をゲット。 コレで帰りの船旅もゆっくりと快適に過ごせる。

20170905045.jpg


出航待ちのフェリー、ちょっと離れて見ると、それなりの大きさがあるんだと再認識。

20170905047.jpg


時間は余るほどあるので、ターミナルでお土産を買ったり、道内で食べそこなったラーメンを最後に食べたり。

20170905046.jpg

まぁまぁフツーの味噌ラーメンって感じ。


乗船便はかなり混んでいるらしく、いつもよりも早くに乗船案内するとのアナウンス。

とはいえ、低床車は最後の乗船だからと呑気に構えていたら、早々に車両甲板へ案内される。

出航まで1時間以上あるし、まぁノンビリと 船上から乾杯!

20170905048.jpg

あっという間だったな、楽園時間。


定刻に離岸(淋) ま、10月にはまた同じように来る予定だけど(笑)

20170905049-3.jpg

心地良い疲労感と満足感、波の揺れを感じながら就寝 zzz


翌朝定刻に八戸港に接岸。 八戸道・東北道を使い南下。

本州は天気が悪い。

20170905051.jpg

自分が北海道にいた間、地元はずーっと天気が悪かったらしい。 すまんねぇ~、自分は青空の下を目一杯楽しんだけど(笑)


順調に南下するも、岩手県内を走行中に事故通行止めの一報。

20170905052.jpg

鶴巣Pにて仮眠と朝食で時間調整。

仙台宮城ICから下道で迂回のつもりで走り出すと、タイミング良く直前で解除となり、そのまま高速移動。

途中で2回ほど渋滞はあったけれど、無事に帰着。

荷物を整理し、腰を落ち着かせる前に・・・、洗車!

20170905055.jpg

一度休むともう動きたくなくなるからねぇ、こういうのは勢いが大事(笑)


オドメーターは、64,809km。

20170905054.jpg

走行距離は、3,476km。 今回はあまり走り回った記憶はないけれど、それなりに走ったんだなぁ。

ガソリン消費量は、267L。 燃費は13km/Lってトコか。


今回も、 「無事故・無違反・無故障」 を達成。

当たり前のコトだけど、当たり前の様に無事に帰ってこれたコトに感謝!


走り回ったルートをトレースしながら飲む一杯、至福の時。

20170905056.jpg

晴天はあまり期待出来ない予報が多かったけれど、走る先々で青空に恵まれた旅だった。


旅立つ前に色々とメンドーゴトが起きて、ちょっと気分を削がれたりしたけれど・・・

そんなくっだらないコトに振り回されずに、行って良かったな。

今回も楽園(北海道)は優しかった。

好奇心と北海道愛が続く限り、この旅を続けていたいと強く思った。


ってなコトで、今夏の楽園TRGレポは終了。

ではでは (^.^)/~~~






  1. 2017/09/06(水) 20:05:11|
  2. ツーリング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

早・秋・楽・園 (その4)

2017年8月31日


みなさん、こんにちは。


前回、余計な?ブログネタが入り込みましたが、ツーリング・レポの続き。



8月16日(水)


楽園上陸3日目。 早朝の旭川は、やっぱりなぁっという感じの曇天。

20170901001.jpg


お天気サイトを確認。 う~ん、降水確率が低いのはオホーツク海側と釧路方面。

20170901002.jpg

でも、この時期、太平洋側は雨が降らなくても海霧等で曇りも多いし、無難なのはオホーツク海側かな。


そうと決まれば、即行動。 連泊なので、大きな荷物は部屋に置き、身軽に出発。

道央自動車道に入るも、相変わらず厚い雲の下。

20170901003.jpg


旭川紋別道にスイッチ、東進。 すると、真っ青な空が登場!

20170901004.jpg

自分のヤマ勘って凄い?!


丸瀬布ICをオフし、R333・D103。 この青空、続いてくれ!って空に向かって念力を送る(苦笑)

20170901005.jpg


念力が届いたのか?、サロマ湖は青空の下。 さすが、自称晴れ男!(自画自賛)

20170901006.jpg

20170901007.jpg


R238、コロン積載車に先導してもらう。

20170901008.jpg


昨年に引き続き、能取湖近くの丘の上。

20170901009.jpg

20170901011.jpg


大好きな場所。

20170901012.jpg


奥に広がるオホーツク海。

20170901014.jpg

20170901013.jpg


遠くに見える、能取岬。 後から行ってみよう。

20170901015.jpg

20170901016.jpg


K76から能取岬へ向かう。

20170901017.jpg


灯台を望む坂。 ここに差し掛かると、毎回気持ちが高揚する。

20170901018.jpg


残念、灯台は補修中で工事用の足場が設置されている。

20170901019.jpg


今年も来れたね、能取岬。

20170901020.jpg

20170901021.jpg


touch the sky !

20170901022.jpg

20170901023.jpg


岬の先端。 

20170901027.jpg


奥は先ほどまでいた大好きな丘。

20170901024.jpg

20170901025.jpg


なぜ海外の人は、こんなオンボロに興味があるんだろう?

20170901026.jpg

撮り終わるとコチラを振り向き、サムアップ。  「beautiful!」 っと言われ照れる。

ってか、自分のコトじゃないから、ボロスタのコトだから!(苦笑)


放牧された馬や牛達を見ていると、 「そんな欲張るな、ノンビリ行こうぜ!」 って言われてるような気がする。

20170901028.jpg

20170901029.jpg


ココを訪れるのも、今年で3年連続かぁ。

20170901031.jpg

20170901032.jpg


また来よう。

20170901034.jpg

20170901035.jpg


網走市内でコンビニ休憩。 日照レーダーを確認。

20170901030.jpg

読み通り?、太平洋側よりもオホーツク海側の方が晴れている。 

それならばっと、網走近辺でまだ行ったコトの無いトコを散策してみるか。


最近のメジャー観光地らしい、メルヘンの丘へ。

20170901036.jpg


しっかし、R39のような二桁国道から、こういう景色を眺められるなんて、ホント北海道って素敵。

20170901037.jpg


では、恒例の脇道散策!(笑)

女満別の丘巡りへ。

20170901038.jpg

20170901039.jpg

20170901040.jpg


丘に吹く風が心地良い

20170901047.jpg

20170901048.jpg

20170901049.jpg


コロンと touch the sky!

20170901043.jpg

20170901044.jpg


緩やかに流れる贅沢な一人時間

20170901045.jpg

20170901046.jpg


丘の上に浮かぶ、秋の気配を感じる空。

20170901041.jpg

20170901042.jpg

素晴らしい眺望に、時が経つのも忘れていた。


夢中になり過ぎ、気が付いたらちょっとビックリな時間を滞在。

そろそろ移動・・・、たぶん青空は望めないけれど、この時期しか見るコトが出来ない、一度はこの目で見てみたい光景。

「あの場所」へ向かってみよう。


D246、白樺並木。

20170901050.jpg

だから、時間が無いっていってるのに、いちいち停まるし(苦笑)


快走感あるね、この道。

20170901051.jpg

20170901052.jpg


D944から、D250・D1115へ。 いかにも熊が出てきそうな脇道へ。

20170901053.jpg


鬱蒼とした森を抜けた先に目的地。

20170901055.jpg


6月から8月にかけて、サクラマスの遡上を見るコトが出来るという落差3.7mの滝。

20170901054.jpg


しばらすると・・・、 ジャンプ!

20170901056.jpg


次々と滝登りを繰り返すサクラマス。

20170901058.jpg


成功するのは数%の確率?

20170901057.jpg


それでも懸命に滝の上を目指すサクラマス。

20170901059.jpg


なんでこんなにも心を揺さぶられるんだろう。

20170901060.jpg

そろそろ行こうっと離れようとするんだけど、何故か足が進まず。 もう1回、見てから行こう・・・、の繰り返し。

名残惜しくも何とかこの場を離れ、しばし車内でクールダウン。


感動でボーっとした頭を冷やしつつ、これからのルートを考える。

宿泊地の旭川へ戻りつつっていうルートなら、今来た道を一旦戻ってっというのが一般的。

でも、まだ未走の裏摩周からD150っていうルートもイイかも。 でも、それってかなり遠回りだし、青空も期待できない?!

一人だし、ま、いっか。道は楽しそうだし?!っというノリで裏摩周へのルートをチョイス。

途中にある 「神の子池」 に寄ろうとするも、ダート道に前進を阻まれる(残念)

20170901061.jpg

もう少し段差が緩いダートだったら、車高短なボロスタでも行けたのに。


一見不便そうなボロスタだけど、ワインディングではご機嫌!

20170901062.jpg

心地良いエクゾーストノートを奏でながらコーナーをクリア。


裏摩周展望台。

20170901063.jpg


天気がイマイチだけど、湖面に写り込む空や山々が美しい。

20170901065.jpg

20170901066.jpg

今度は晴れている時を狙って来よう。


D150のダウンヒルを終えると、モアン山の 「牛」 の文字。

20170901068.jpg


中標津町に入ると、メジャーな景勝地「開陽台」の表記。

ま、人気スポットで人も多いだろうし、天気もイマイチだし・・・ うん、パスだな。

20170901070.jpg

天邪鬼に反対方向へ右折し、D885の直線道路を経由しR243摩周の市街地。

K52のワインディング・ヘブンを駆け抜ける。 無我夢中で走り切り、気が付いたら画像が無かった。


網走まで59km。 朝から近場しかウロウロしていないコトを再認識(苦笑)

20170901072.jpg


D102、屈斜路湖。

20170901075.jpg

20170901074.jpg


ヒルクライムのワインディングを楽しみ、D995。 

先行車なし! アクセルとブレーキ、そしてギアの選択に集中。 リズム良くコーナーをクリア。

20170901076.jpg


こういう時、ロドスタのバランスの良さを再認識。

20170901077.jpg


手に余らない程度の手頃なエンジンパワーと、適度に引き締められ余裕があるサスペンション。

そして耳触りの心地良いエンジンサウンドとエクゾースノート。

この絶妙なバランスが、ワインディングでの 「ドライビング・ハイな時間」 をもたらせてくれる。

20170901078.jpg


さてと、いい加減旭川に戻らないとならない時間。 

美幌からなぜかいつも交通量が多いD122を走り、無料の十勝オホーツク道で北見市街をパス。

20170901079.jpg


D143からR39。 さすがに二桁国道。 それなりの交通量。

石北峠手前の直線区間、道路脇の茂みで覆面パトカーが待機中。 いやらしい取締りだなぁ。

峠の頂上は寒いくらい。 ヒーターをオン。

20170901080.jpg


大雪湖を過ぎるとダウンヒル。 層雲峡。

20170901081.jpg

20170901082.jpg


旭川紋別道・愛山上川ICをオン。 

どことなく哀しい気分にさせる夕焼け。

20170901083.jpg


偶然にも車内で流れていた、「スガ シカオ」の『夏影』が心に沁みる。

20170901084.jpg


旭川市街地まで戻り、GSにて給油と洗車を済ませ、ホテルへ。

部屋から見える景色はとっぷりと夜の帳が降りている。

20170901085.jpg


う~ん、よく走り回った1日だったな。 珍しく疲労感を覚えたので、ムリはせず。

ホテル下層階にあるSC内のテナントへ。 スープカレーに舌鼓を打つ。

20170901086.jpg


食後はアルコールを買い込み、ホテルの部屋で今日の1日を振り返りながらゆっくり過ごす。

うん、今日も目一杯青空の下、楽園を楽しんだな!


さてと、明日は楽園最終日。 明日も楽しもう!!


ではでは (^.^)/~~~





  1. 2017/08/31(木) 19:53:33|
  2. ツーリング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:12

早・秋・楽・園 (その3)

2017年8月28日


みなさん、こんにちは。


夏旅の続き、北海道上陸2日目。



8月15日(火)


まだ外は薄暗い時間に起床。

旅に出ると目覚まし時計が無くても快適に目が覚める。 熱いシャワーで身体も目覚めさせ、お天気サイトを確認。

う~む、やっぱり曇りベースなイマイチ予報。 辛うじて道北地域の降水確率が低い。

昨日に引き続き、今日も道北メインの旅程かな。


早々にチェックアウトを済ませ、まずは稚内市内をウロウロしてみよう。

ホテルの目の前にある、「稚内港北防波堤ドーム」へ。

20170831001.jpg

20170831002.jpg


相変わらずキャンパーの方々が多い。

20170831003.jpg


まだ寝ている方も多い時間。 静かに移動。

20170831004.jpg


最北の駅、稚内駅。

20170831005.jpg

あまり最北感が感じられない、都会っぽい駅ビル。


たぶん、最北の踏切?!(笑)

20170831006.jpg


レールの行き止まり。

20170831007.jpg


しばらくすると特急列車が入線。

20170831008.jpg

折り返して旭川行。 旭川、今夜の投宿予定地だ。


国道沿いのマック、マックおじさんが座るベンチ。

20170831009.jpg


最北のマクドナルド、とのコト。

20170831010.jpg

まだ営業前なので、最北での朝マックは叶わず(苦笑)


さてと、ボチボチいつものように走り回るかな。

天候は期待できないけれど、R238にて宗谷に向かう。

20170831011.jpg

朝の早い時間とはいえ、先行車が全く現れず。


日本最北・宗谷岬着。

20170831012.jpg


最北のモニュメント。

20170831013.jpg

さ、寒い! 屋根を開けて走っていると、ヒーターの稼働が必要。


高台に移動。

20170831014.jpg

20170831015.jpg

20170831016.jpg


宗谷丘陵、濃い霧で風車の上部が見えない。

20170831017.jpg

20170831018.jpg


天候は残念だけど、宗谷丘陵を駆け抜けるコトは格別の感がある。

20170831019.jpg

20170831020.jpg


D107を右折、R238。 オホーツク海。

20170831021.jpg


海沿いの道から右折して、農免道路へ。

20170831022.jpg


ココ、晴れていれば素敵な景色が広がりそう。

20170831023.jpg


草原の奥にオホーツク海が広がる景色。

20170831024.jpg


今度、晴れている時に再訪決定(笑)

20170831025.jpg

20170831026.jpg


日照レーダーを確認すると、日本海側は晴れていそう。

んじゃ、道道を繋いで昨日に引き続きサロベツの方へ行ってみるか。

こういう自由さが、気軽な一人旅の良さ。


今回初めて走るD138、なかなかの快走路。

20170831028.jpg

20170831029.jpg


同じく初めて走るD121。

20170831030.jpg


D138もD121も、これだけの長い区間を先行車皆無での快走と(晴れていれば)素晴らしい眺望。

20170831031.jpg


フラフラと導かれるように?、脇道へ。

あら、ひょっとして素敵なトコを見つけた?!

20170831033.jpg


しかも、徐々に青空の面積が広がってきた。

20170831032.jpg

20170831034.jpg


イイよ、ココ!!

20170831035.jpg

20170831037.jpg


青い空に、モーニング・ムーン。

20170831038.jpg


美瑛の様に色彩豊かな風景ではないけれど、この一面緑の風景は感動を覚える程。

20170831043.jpg

20170831044.jpg

20170831042.jpg

20170831046.jpg


緑の丘を繋いで走るワインディング

20170831039.jpg


イヤァオ!

20170831040.jpg

20170831041.jpg


偶然が生んだ奇跡っていったら大袈裟かもしれないけれど・・・

好奇心を持って旅を続けていると、時としてこういう素敵な風景に出会えるのだと思う。

20170831047.jpg

20170831048.jpg

20170831050.jpg


偶然見つけたこの風景、大切にしたいな。

20170831054.jpg


ちなみにこんな脱力系?な出会いも。 遠くから見たら白黒だし、ウシかな?!

あ、馬だったんだ。

20170831051.jpg

20170831053.jpg


コッチは牛だけど(笑)

20170831049.jpg


さ、そろそろ移動を再開。

豊富のR40とR232の国道重複区間で取締り。 TRG中は気を付けないとな。

豊富の市街地を抜け、D444にてサロベツ原野へ。

20170831055.jpg


お~、素敵な青空!

20170831056.jpg

20170831057.jpg


昨日に引き続き、D106へ。

20170831059.jpg


青空への滑走路!

20170831058.jpg

20170831060-1.jpg


touch the sky !

20170831062.jpg


青空に浮かぶ白い雲。 夏の終わりを感じさせる、そんな雲。

20170831064.jpg


最後に北緯45°に立ち寄り、サロベツ原野を後にする。

20170831065.jpg


青い空の下、D972と広域農道を駆け抜ける。

20170831066.jpg

20170831067.jpg


幌延の市街地を抜けると、無人駅。 上幌延駅。

20170831069.jpg

20170831070.jpg


駅舎に立ち寄ってみる。

20170831071.jpg

20170831072.jpg


1日3本かぁ・・・

20170831073.jpg


ホームの鏡に映る、変なオジサンと青い空(苦笑)

20170831074.jpg


まだ走ったコトがなかった、D645・583・785。

20170831075.jpg


コレぞ、ドライビング・ハイ!

20170831076.jpg


アクセルを多めに踏み込み駆け抜ける!

20170831078.jpg

20170831080.jpg


おっとっと(笑)

20170831082.jpg

20170831081.jpg


R275にて南下。

しっかし国道だというのに、交通量皆無な快適素行。

20170831083.jpg


蕎麦で有名な、音威子府(おといねっぷ)。

20170831084.jpg


立食い蕎麦だけど美味しいと評判な「常盤軒」さんに寄るも、蕎麦汁が売り切れというコトで食べれず(涙)

20170831085.jpg

残念だったなぁ。


R40を淡々と南下。 名寄を過ぎたらD206からD101へ。

空に浮かぶ雲がイイね。

20170831086.jpg


寺尾内ダム。

20170831087.jpg

20170831088.jpg


木漏れ日のワインディングを快走!

20170831089.jpg


キュンキュンと気持ち良く走っていたら、あらやだ、エンプティマーク点灯。

まだ市街地まで距離あるぞ(焦) 以降は、似合わないエコモードな走行。


あ、ゴメン、今は相手をしている余裕はないんだ(苦笑)

20170831090.jpg


愛別近くまで来ると、暑い雲の下。 遠くで雷鳴も聞こえる。

20170831091.jpg


土砂降りになった愛別で、やっとこさの給油。

20170831092.jpg


ハイドロに気を付けながら、R40で旭川へ向かう。

20170831093.jpg


名所の一つ?、ロータリー交差点を抜け旭川中心地へ。

20170831094.jpg

20170831095.jpg


GSにて給油と洗車を済ませ、旭川駅近くホテルへ。

20170831096.jpg

急遽、今回は珍しく連泊するコトに。

天気予報があまりアテにならない今夏の北海道。

北海道の中心付近の旭川なら、ドコへ行くにも都合が良い?!


昨夜が残念な感じだったので、今夜もお寿司でボッチな宴会(苦笑)

20170831097.jpg

20170831098.jpg

美味しく呑んで食べて今日も終了。


明日も、風任せに素敵な青空求めてさすらおう!


っというコトで、まだ続く・・・

ではでは (^.^)/~~~





  1. 2017/08/28(月) 20:05:49|
  2. ツーリング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

早・秋・楽・園 (その2)

2017年8月24日


みなさん、こんにちは。

さて、いよいよ楽園(北海道)上陸です。

あ、無駄な画像と長文駄文にご注意ください(汗)



8月14日(月)


前夜八戸を出航したフェリーは、低気圧の影響で多少揺れたものの、しっかりと睡眠を確保し快適な目覚め。

デッキに出てみると、同じシルバーフェリーとすれ違う。

苫小牧を5時に出航したベリニア。

20170824001.jpg


北海道は分厚い雲の下。

20170824002.jpg


お天気サイトを確認すると・・・、なんともまぁ残念な表示。

20170824003.jpg

2日前までは唯一小さな晴れマークが稚内に付いていたのに、雨マークが表示とは。

ホテル予約したのに。


定刻に着岸し、いざ楽園上陸。

20170824004.jpg


いつものようにこの場所で朝食を買い込む。

20170824005.jpg


久しぶりのホットシェフ(笑)

20170824006.jpg


天気がこんな状態、どうするか・・・

とはいえ、天気がどうであろうとせっかくの北海道、楽しまないとっ!

いつもは夢中で走り回っている旅だけど、今回はまだ走ったコトのない道や観光地も含め、新しい(風景の)出会いを求めてみよう。


ラジオをノースウェーブにチューニング。流れてくるのは聴き慣れた「KAT’S IN THE MORNING」。

20170824008.jpg

地元(神奈川)にいる時もたまに聴いております。


道央道を北上。

20170824007.jpg

ラジオの情報では、札幌近郊は晴れているらしい。


江別西ICをオフ。R275からD28へ。

20170824009.jpg


当別ダムの脇を抜ける快走路。

20170824011.jpg

ホントは当別ダムの堤体から流れ出している豪快な水流の画像を撮ったのに、手違いで消去(涙)


こりゃ、ついつい右足に力が入る。

20170824012.jpg

20170824013.jpg


R451へ。 可愛らしい標識を発見。

20170824014.jpg


赤いキツネと緑のタヌキ(笑)

20170824015.jpg


海に近づくと雲が薄くなってきた。

20170824016.jpg


R231、日本海!

20170824017.jpg


イイ感じの青空。

touch the sky !

20170824018.jpg

20170824019.jpg


日本海を左手に見ながら快走。

20170824020.jpg


ちょっとまた雲が多くなってきた。

20170824021.jpg

この後は、ずーっと曇りベースかな?


増毛(ましけ)へ。

20170824022.jpg


去年廃線となった留萌本線・増毛駅。

20170824023.jpg

20170824024.jpg


終着駅の車止め。

20170824025.jpg

20170824026.jpg


増毛神社にて増毛(ぞうもう)祈願(苦笑)

20170824027.jpg

頑張れ!、オレの頭髪!!


最北の酒蔵、国稀酒造。

20170824028.jpg

20170824029.jpg

コチラのお酒が好きで、来道する度にお土産で購入。

今回は初めて本店?にて購入。


増毛祈願のお守りも購入(笑)

20170824030.jpg


続いて、留萌へ移動。

20170824031.jpg

若干の青空も復活! 

このまま曇りベースの予報が外れないなかぁ~っと淡い期待。


で、観光地巡り。

20170824032.jpg


「波灯の女」・・・、なんか演歌のタイトルみたい。

20170824033.jpg


右折して入ろうかと・・・、おっとっと、段差が大きくて車高短なロドスタじゃ近づけず(涙)

20170824034.jpg


左手に見えるのは黄金岬。

20170824035.jpg


近付いてはみたものの、あまりの人混みにたじろぐ。

20170824036.jpg

遠くから拝見。

ま、とりあえず観光地は回ったというコトで留萌を後にする。


留萌を過ぎるとR231からR232にスイッチ。

小平町、恐竜が有名なのかな。

20170824038.jpg


シーサイドクルーズに飽き、D1062・437・747・762とリズム良く駆ける。

20170824039.jpg


再びR232に復帰。

巨大なオロロン鳥のモニュメント。

20170824040.jpg

近付こうとモニュメント脇のPへ・・・

意外と段差が大きく、かなりの衝撃でボディの下回りをヒット (゜o゜)

大事に至らず、ホッ。


遠別町でガソリン補給と、自身にビタミン補給。

北海道のプロレス伝道師・紫レガさん に教えてもらった、道民のソウルドリンク「リボン ナポリン」で喉を潤す。

20170824041.jpg

うん、なんか子供頃によく飲んだジュースに近い懐かしい味。

道内移動中、ヘビロテしました(笑)


休憩後、海沿いを走る開拓農道へ。

20170824042.jpg


やっぱりな天気。

雲の厚さと相まって、この寂寥感。

20170824043.jpg


ま、コレはコレで雰囲気の良い風景、かな。

20170824044.jpg


天塩を抜け、D106。

20170824045.jpg


定番のオトンルイ風力発電。

20170824046.jpg


D972、ビジターセンター。

20170824047.jpg


ビジターセンターよりも、道路を挟んで真向かいにある展望台が気になる。

20170824048.jpg


なにも表記がないけれど、登ってイイのかな?

進入禁止の柵はないので、階段を何段も登っていくと・・・、素晴らしい湿原の景色。

20170824049.jpg

20170824050.jpg


天気がこんな感じでも、広大さを感じられる風景。

20170824051.jpg


遠くにはオトンルイの風車群。

20170824052.jpg

20170824053.jpg


ロドスタ、ちっちゃ(笑)

20170824054.jpg


脇道散策。

20170824055.jpg


牛にじーっと見つめられる(笑)

20170824056.jpg


D106に戻り、いつもはバキューンっと通り過ぎてしまう北緯45°のモニュメントと記念撮影。

20170824057.jpg


いつ来ても、この道には圧倒される。

20170824058.jpg


ダイナミックな直線道路を北上し続けると、予想外にも青空が見えてきた!

20170824059.jpg


お~、奇跡的に青空到来!

20170824060.jpg


イヤァオ!

20170824061.jpg


touch the sky !

20170824062.jpg


残念ながら利尻島は雲の下だけど、贅沢は言ってられないよな。

20170824064.jpg


今日、この青空と出会えたコトに感謝。

20170824063.jpg


気持ち良く駆け抜ける。

20170824065.jpg


青空に満足したら、脇道へ(苦笑)

抜海駅。

20170824067.jpg


最北端の無人駅として有名らしい。

20170824068.jpg

20170824069.jpg

20170824070.jpg


D254、北海道ではよく目にする「鹿、注意!」の看板・・・

20170824071.jpg


ってか、フツーに民家近くの道端で無我夢中に草を食べてるし(苦笑)

20170824072.jpg


にしても、やっぱりデカい!

20170824073.jpg

こんなのに体当たりされたら、ロドスタは一溜まりもないないだろうな(汗)


ノシャップ岬へ。

20170824074.jpg


いつもは素通りしてたけど、今回はちゃんと観光。

20170824075.jpg


遠くに見えるは陸地?

20170824076.jpg

サハリンかなぁ??


稚内市内に移動し、GSで給油と洗車を済ませ、投宿。

20170824078.jpg


ホテル前の広場で行われていた盆踊りを見ながら夕食へ。

20170824077.jpg


なぜかお気に入りの居酒屋さんはお休み。

とりあえず目に付いたお寿司屋さんへ。

20170824079.jpg

まぁ、あまり語るコトはないかな、コチラのお店は。


夕食が残念だったけれど、予想外の青空も堪能できたし、上出来な楽園初日。


続きます。


ではでは (^.^)/~~~





  1. 2017/08/24(木) 18:08:28|
  2. ツーリング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:12

早・秋・楽・園 (その1)

2017年8月22日


みなさん、こんんちは。


今夏も行ってきました、北海道!

毎回同じような内容ですが、備忘録的ツーリングレポ、です。



8月13日(日)


3時前に出発。

20170823001.jpg


出発時のオドメーターは、61,333km。

20170823002.jpg

今年は何キロの楽しかった距離を刻むのか。


東北道、普段よりも交通量は多いものの、渋滞はなく順調に北上。

20170823003.jpg


予報では少雨もしくは曇りの東北地方。

条件が合えば岩手の八幡平へ寄り道して・・・っと思っていたけれど、天気がイマイチだしなぁ・・・

なんとなく、秋田道へ。

20170823004.jpg


北上西ICをオフ。

20170823005.jpg


R107、錦秋湖。

20170823006.jpg

20170823008.jpg

20170823007.jpg


晴れていれば、なかなかの景色なんだろうな。

20170823009.jpg

20170823010.jpg

20170823011.jpg


岩手県道1号線を北上。

20170823012.jpg


長閑な田園風景が続く道。

20170823014.jpg


強そうなオブジェ(笑)

20170823013.jpg


雫石広域農道へスイッチ。

春木場駅でトイレ休憩していると、秋田新幹線が通過。

20170823015.jpg

20170823016.jpg

無人駅を新幹線が通過するって、ちょっと不思議。


R46からR341へ。

時折青空が顔を出す田沢湖。

20170823018.jpg

20170823019.jpg


人混みを避け、湖岸道路を北上。

20170823020.jpg


静かな湖畔と雲の隙間の青い空。

20170823021.jpg

20170823022.jpg


快走路、R341。

素敵な夏空に touch the sky !!

20170823023.jpg


心地良くクルージング。

20170823025.jpg

20170823024.jpg


東北道・鹿角八幡平ICをオン。

八戸道に入る頃には、予報通りな天気。

20170823026.jpg


八戸市街に入り、いつもの温泉ランドへ。

20170823027.jpg

フェリー乗船前にサッパリと入浴。


ノンアルで旅の前途を祝し、乾杯。

20170823028.jpg

20170823029.jpg


晩御飯を食べていると、演芸ショーが開演 (~_~;)

20170823030.jpg


う~ん、食事しながら演芸ショーを観覧している自分、なかなかシュールな絵柄だと思う(苦笑)

20170823031.jpg


演芸ショーを堪能し?!、フェリーターミナルへ移動。

乗船手続を済ませ、乗船待ち。

コレからの旅への期待感でワクワクする時間。

20170823033.jpg

低床車は隅っこで乗船待ち(苦笑)


個室でゆっくり眠れそう。

20170823034.jpg


さらば、本州。 目が覚めたらそこは北海道!

20170823035.jpg


次回から本編、北海道上陸編となります。

ではでは (^.^)/~~~





  1. 2017/08/22(火) 20:24:28|
  2. ツーリング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

前のページ | ホーム | 次のページ